FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/846-385a5c87

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

地域再生のフロンティア(農文協)

中国山地は、「過疎」という言葉が生まれた場所として知られています。「38豪雪」と言われる、大雪を契機に、益田市匹見町で若者ばかりか、家族ごと街中や都市部に移住する「挙家離村」と呼ばれる人口減少が起きました。その後も一貫して人口流出、減少が続き、中山間地域は「高齢化」「少子化」が進みました。

この本では、明治大学の小田切徳美教授と、県中山間地域研究センターの藤山浩さんを中心に、中国山地は真っ先に地域の疲弊が進んだ「フロンティア(先進地)」と位置づけるとともに、地域で始まった力強い「地域再生」の分野でも、日本でも最も早く動きが起きている「フロンティア」だと位置づけています。しかも、こうした中山間地域には、稲作や和牛飼育、林業、製炭など数多くの業種の生業を組み合わせた、多業種がたの産業構造があったが、高度成長期以降、資本主義の進展で中山間地域の生業の分断が起きたと分析します。

こうした厳しい状況にありながらも、中山間地域では再生に向けたさまざまな取り組み事例が紹介されるとともに、数多くの生業を組み合わせ、さらに、集落内で助け合いながら、産業を興していく様子が感動的に(文章は少し硬いですが)描かれていきます。人口減、高齢化が進んだ中山間地域が、ある種魅力的な場所として映ってくるから不思議です。

地域再生のフロンティア

かつて、中国新聞の優れたルポで名著とされる「中国山地」には、1960年代の沈みゆく、消えゆく集落の様子とそこで奮闘を続ける人たちの苦闘ぶりが描かれました。状況はさらに悪化しているかもしれませんが、課題解決に向けたこんな力強い動きがあると知り、もっともっと、中山間地域が元気になることが、日本の未来をひらく、そんな思いを強くしました。

事例として、邑南町出羽地区、口羽地区、浜田市弥栄地区などが登場します。文章は公務員の方が書かれているので、少し堅いかんじがします(しつこい)が、すぐれたルポとしても楽しめます。島根を愛する人は、必読の書と言えましょう。

地域再生のフロンティア

2013年11月5日、農文協より発行。価格2600円プラス税。

地域再生のフロンティア: 中国山地から始まるこの国の新しいかたち (シリーズ地域の再生)地域再生のフロンティア: 中国山地から始まるこの国の新しいかたち (シリーズ地域の再生)
(2013/11/08)
小田切 徳美、藤山 浩 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/846-385a5c87

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。