Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/799-92459619

トラックバック

[T61] ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/14 09:03)

足立区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

路上派遊書日記(南陀楼綾繁著)

出雲市出身の編集者で、ライターの南陀楼綾繁さんの本。谷中、根津、千駄木の「谷根千(やねせん)」で、一箱古本市を全国で初めてやられた人ですが、この人が、その一箱古本市を始めた年の人気ブログ「ナンダロウアヤシゲな日々」を単行本かしたものです。「本を買う、本を売る、本を遊ぶ」という帯の惹句の期待にたがわず、本まみれの生活がこれでもかとつづられています。

路上派遊書日記
「路上派遊書日記」(右文書院、2200円)

なんといっても、この方、どうも、足立区のアパートに暮らしておられるようなのだが、とにかく東京の町という町の図書館、新刊書店、古本屋、出版社をぐるぐるぐるるぐる回って、古本を買って、本を借りて、古本屋の棚で本を売って、古本市を企画して、その合間に、寝ているという感じ。さらにここに、音楽と食事(主に居酒屋)のことが加わって、さらに、本の中にある【注】が300項目あるのだが、これがまた、どうでもいいうんちくにまみれて、本当に楽しい。自分でもこんな生活だったら、楽しいかも(いや、無理か)と思ってしまう。

日記は、出雲で正月を過ごすところから始まるのだが、いきなりブックオフや書店に入り浸り、2月には実家の新築に併せて、自分が集めてきた蔵書を整理する下りは圧巻。家に何よりも先に蔵書が入居する様は笑えた。本に対する愛情とあくなき好奇心。本当にあやしげな人ですね~。

路上派遊書日記
南陀楼綾繁
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/799-92459619

トラックバック

[T61] ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/14 09:03)

足立区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。