FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/766-3216dc09

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

神在月に読んでしまったね

11月3日は、旧暦の10月1日、そうです、出雲の国に神々が集まる「神在月(かみありづき)」が始まりました。山陰中央新報さんで、「神在月日記」という連載がスタートしていて、神在月のいわれとか、旧暦の10月1日には出雲の国で一番早く、出雲市の朝山神社で神迎祭(かみむかえさい)」が開かれることなどが紹介されていました。

そんな神在月でもあり、読書の秋でもあるこの時期に、「出雲」ってどんなところ?と、興味をもってもらえたらと思って紹介しますのが、手軽なこちらの本「出雲の古代史」と「古事記への旅」です。いずれも古本で手に入れました。NHKブックスというシリーズでして、このシリーズは、新潮選書とか、ちくまとかもある、教養を深めるシリーズですけど、いずれも入門編として分かりやすく、出雲の歴史や伝説が描かれています。



「古事記への旅」は、古事記の成り立ち、高天原神話圏、出雲神話圏、筑紫神話圏に分けて、現地を尋ねながら古事記の内容を概説しています。古事記は伝説との見方もある一方で、やはり書いた人たちに都合のよい歴史観で書かれたということもあるでしょうし、どこまでが本当で、どこまでが作り話なのか分からないのが実態でしょうね。ギリシャ神話も同様です。でも、この出雲の国が、古代日本で相当な力を持っていたことは間違いないように思います。そんな出雲のことを知るには、よい一冊です。

「出雲の古代史」は、今度は、伝説からではなく、考古学の立場で発掘や資料から出雲の謎に迫ろうという物です。1976年の発刊ですから、神庭荒神谷遺跡、出雲大社の境内遺跡、加茂岩倉遺跡はまだ出土していない段階ですが、このときでも、やはり、出雲の国の重要性は、古代史にとって欠かせない存在感を見せています。

出雲大社の大遷宮があった、神在月秋の夜長に、ぜひ!
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/766-3216dc09

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。