FC2ブログ

Entries

出雲和紙(漢東種一郎)

漢東種一郎さんは、松江市の収入役を務めた人ですが、松江の暮らしぶりや民芸などを扱った随筆を数多く執筆された人です。その人が、松江市八雲町に伝わる出雲和紙のことを軽やかな筆致で書かれた本が、この「出雲和紙」(木耳社、1973年)です。



表紙の写真に写っているのは、国の重要無形文化財保持者の安部栄四郎氏の足跡や和紙づくりに取り組む現場などを取材しているのです。ただ、この本は単なる出雲和紙の紹介にとどまらず、八雲から東出雲で中海に注ぐ意宇川沿いの自然や歴史、人々の暮らしなどにもページを割いて、叙事詩のような出来上がりです。

IMG_2765.jpg IMG_2766.jpg

また、写真も素晴らしく、人々の営みが、しっかり捉えられています。出雲和紙はもはやほとんど生産されていない状況ですが、この自然と歴史に育てられた文化を、少しでも語り継いで行きたいものです!
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/759-26f4299d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる