FC2ブログ

Entries

左様ならば、そう〝ゑ〟もん

このお話は、松江に400年前に生きていた(と主張している)塩見惣右衛門という節が、タイムスリップして現代によみがえった上に、この本の著者の「木之家京羅(このや・きょうら)」に乗りうつり、現代で松江開府400年のイベントにかかわりながら、松江城の周りをうろうろしているという設定です。(ややこしい)

そういえば、松江開府400年祭は、江戸時代の文化などを振り返りながら、展開された結構面白い企画でしたね~。その中でひときわ注目を集めたのが、若武者隊の面々。確か、国の雇用助成金などで誕生して活躍された後は国の補助金が打ち切られ、皆さんが失業の危機に直面しているという新聞報道もありました。そういう中で、若武者の皆さんはいまだに松江城の周りでボランティアで道案内をしたり、観光客との写真撮影に応じたりと大活躍をされています。

塩見惣右衛門もその中の1人で、乗りうつられた人の体を借りて、現代に江戸時代のりりしい節の考え方で行動をするものですから、さまざまなエピソードが生まれます。そもそも、江戸時代の人間が現代に来てしまったら、どんな気持ちがするのでしょうね。塩見縄手も変わっていないと言えば変わっていないけれども、舗装道路があり、遊覧船もあると、江戸時代風ではあるけれども、違う街なのかもしれません。

左様ならば

そんな塩見惣右衛門さんの目を通して、松江の街を見てみると、ちょっと違った見え方がする。この本の面白さはそんなところにありそうです。

頑張れ、塩見惣右衛門!

青山ライフ出版、本体1500円+税
松江市中原町の松江しんじ湖温泉駅に隣接する喫茶「フルール」にて販売中とのことです!

左様ならばそう〝ゑ〟もん左様ならばそう〝ゑ〟もん
(2012/05/05)
木之家 京羅

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/747-a120d37b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる