FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/644-1088f4d0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

みんなの宍道湖(自然観察ガイドブック)

ホシザキグリーン財団(出雲市園町)が発行した、宍道湖の生態系を分かりやすく解説した本で、野鳥や魚介類などさまざまな生き物の観察ポイントが各項目が見開き2ページで完結するように収まっています。

みんなの宍道湖

大きく5部構成になっています。
1、宍道湖・中海の自然史
2、宍道湖・中海の生き物
3、フィールド・ガイドに出かけてみよう
4、宍道湖は今…
5、資料編   です。

宍道湖は塩水と真水が入り交じる汽水湖。このため極めてデリケートな生態系を作っていて、独自の生き物がいます。その中で不思議な生き物として紹介されているのが「淡水海綿」。宍道湖には、シロカイメンという生き物がいるそうで、これは鳥取県の東郷湖と茨城県の涸湖と宍道湖の3カ所にしかいないそうです。海綿というのは単純な構造の動物だそうです。

こんな身近でびっくりな生き物もいます。2001年に新種登録された宍道湖固有の「シンジコスナウミナナフシ」。昆虫のナナフシのような格好ですが、フナムシとかダンゴムシに近いそうです。スナウミナナフシはほとんどが目が退化しているそうですが、このシンジコスナウミナナフシは目が残っているということで大変珍しいそうです。新種といってもよく知られていた生き物だったそうで、たまたま登録しようと思い立つ人がいなかったということみたいです。

シンジコスナウミナナフシ

もちろん「宍道湖の小さな主」シジミの話題も満載です。宍道湖のシジミが少なくなるなど環境の変化が著しいです。みんなでこの水域を守っていきたいモノですね。そんな第一歩を示してくれる格好のガイドです。

定価 880円
発行 ホシザキグリーン財団(ゴビウス内)
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/644-1088f4d0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。