FC2ブログ

Entries

明治大正の出雲

面白い本を見つけました。「明治大正の出雲」。昭和37年に出版された本で、定価は260円。著者は太田柿葉、絵は成相苔石です。この本は副題が、「庶民風俗」となっていまして、出雲地方で暮らしていた庶民が、四季を通してどういう生活をしたのかを、スケッチと文章で綴ったモノです。いかにも庶民的な絵と、軽妙洒脱な語り口が魅力でついつい拾い読みをしてしまいます。



こちらは、「田打ち」という正月の儀式の様子です。正月11日の未明に行われ、主人と長男が田んぼや畑で一年の豊年を祈ります。
me2.jpg

こちらは、大餅っつぁんの様子。今頃は秋鹿で有名ですが、本当は八雲村の星上山のお寺のモノだそうです。
me4.jpg

こちらはスキーの図。お話しでは大阪朝日新聞の松江支局の記者が大のスキー好きで、大山博労座にスキー通い、出雲の人たちが個々をスキーのメッカにしたという風に書かれています。
me3.jpg

夏には行水、お祭りの様子などが書かれ、懐かしい(といっても当時は知りませんが)雰囲気が漂い、しばらくはなんとも幸せな気持ちになりました。
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/640-6d58d10c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる