FC2ブログ

Entries

顧みる八十余年~民俗採訪につとめて(石塚尊俊著)

島根の民俗学の草分け的存在で、その調査と著作は他の追随を許さないと言っても過言ではないでしょう(実は余り詳しくないので、この表現でよいのか若干不安がありますが…)。とにかく、祭りや神社だけでなく、庶民の暮らし、道具や風習などありとあらゆる生活の記録を自分の足で歩き、記してこられた業績は素晴らしいの一言です。

前置きはこれくらいにしておきまして、この本。とある有名チェーンの古本屋で105円で見つけました。そんな値段で売ってはいけません。定価1900円で、ワンラインさんが出版されていますが、この本はかの柳田国男の講演を聴いて、民俗学の道に入った石塚先生のまさに一生80余年を振り返った本なのです。

出雲市大津町の神社・雲根神社に生まれた石塚氏が昭和11年、東京に進学した石塚氏は、柳田国男氏の講演を聴き、民俗学の存在を知り、図書館でその著作を読みふけり、やがて「石神問答」という本に出合いました。石神とは、道祖神であり、「サエの神」というものです。防疫の神様であり、縁結びの神様でもあるそうです。そこから石塚氏は東京近郊を歩いて道祖神を探して歩いた。

次いで、石塚氏が取り憑かれた(?)のは、金屋子神社でした。たたらの神様で、これがまた奥深い。島根はどこに行っても金屋子神社がありますが、その分布などを調べあげたということです。

すみません。まだ全編読んでいませんが、庶民の生活や信仰、集落や地域が急激に失われつつある今、石塚先生の記録がまた読み継がれていくことが島根の歴史を語り継ぐことにつながるのではないかと思いました。

顧みる八十余年
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/637-1ec0327d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる