FC2ブログ

Entries

真名井の清水(出雲市大社町杵築東)

島根の名水ファイルNo.24
真名井の清水の紹介です。

名水シリーズ は一部の読者に好評でしたが、なかなか出かける機会がなく、紹介ができませんでした。島根を遠方から訪ねてきてくれた人がいたので、出雲大社を案内している途中で、真名井の清水に立ち寄りました。

出雲大社の本殿がある境内から、東側の北島国造館を抜けて、300メートルほど東に歩いた住宅街の中にあります。島根の名水100選にも選ばれている由緒正しい清水です。島根県のデータによりますと、「出雲国造が11月23日に行う古伝新嘗祭の歯固めに供える水を毎年採取する清水。現在まで涸れたことはなく、清らかな水が湧き続けていると伝えられる。」とのことです。

また、入り口に立っている立て看板には、「真名井の清水は昔から出雲大社の神事に関わる神聖な清水とされてきました。とくに十一月二十三日の古伝新掌祭の祭事中、国造の寿齢を延ばす「歯固めの神事」には、この真名井の清水が用いられる習わしになっています。「神水」として遠くからこの清水を汲みに来る人も多く、島根の名水百選にも選ばれています」と書かれていました。

真名井の清水

立派な造りで、ここまで整備されると神様も近寄りがたいのではないかと思うほどですが、あんまりなことを言うと罰が当たりますので、あんまりいいませんが、古風な風情はあまりありませんね。でも出雲大社の後ろの山からわき出てくる水ですから、何か神々しさを感じました。

真名井の清水

近寄ってみると、うーむ、このお水は飲んでも良いのか、と思うくらい大きな柄杓が置いてあります。まあ、大丈夫でしょう、と飲んでみました。水温は高めです。きりっとした冷たさはありませんが、何かまったりした甘みのようなものが感じられました。

201305021536000.jpg

下の写真は、北島国造館の奥にある「亀の尾の滝」です。ここは、出雲大社の近くでも結構好きなスポットです。夏には涼やかに過ごせますし、何か神々しい雰囲気が味わえます。出雲大社と水は切っても切り離せないのですね。
亀の尾の滝
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/600-61e918eb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる