FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/593-60fa5eca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

算私語録(安野光雅著)

言わずと知れた、島根県津和野町が生んだ画家であり、絵本作家で、文化功労者の安野光雅さん。この方は、もちろん画家であり、絵本作家であるので、絵を書いておられるのであるが、文章もなかなかです。なかなかなんて、一介のしまったね編集長がいうことは恐れ多いのであるが、ものは試しにこの本でも読んで見なされ。安野さんのあの不思議な構図や街の不思議な人たちや物語が、どのような算数的思考から生まれているのか、また、その好奇心の旺盛さが絵の才能の裏側にあるのだ、ということがよく分かるのだ。

算私語録

この「算私語録」というのは、「一丹(いちに)の国に算という者があった」という訳で、架空の国「一丹」に住んでいる「算」という名前のちょっと変わった人が、私語を記録してまとめたもの、というコンセプト。その中身は、数字や数学にまつわる話しなのですが、これが数学というのがいかに身近で、生活の中にあるかということをよく教えてくれます。

算曰く「年賀状や宝くじの番号が四四四四四四だったら当たるような気がしない。例えば四〇九二七三などだったらまだ望みが持てるような気がする。同じさ、と思うのはなかなかむつかしい」。

また、算曰く「学校に限らず、書く企業が新しい企画を遂行しようとするときには、馬鹿の一つ覚えみたいに、アンケートをとることからはじめ、それをグラフにする例が多い。それは自信のなさを票にしたようなものである」

さらに、算曰く「TVがよくやる、選挙速報は、かなり科学的な予報で、当確の予想が外れたのを私は一度しか見たことがない。ただしこの予想は、早晩判明することをせいぜい24時間早くしているだけで、未来的展望を語るというほどのものではない。TVのこの種の報道が、選挙をショウに仕立てていく積みを反省してもいい頃である」と。

ふむむ、この算は安野光雅さん自身ということなのでしょうが、絵描きの方々がみんなそうなのか分かりませんが、着眼点が非常に鋭いと感じる次第です。普通の人と、「見え方」が違うのかも知れません。

ちなみに、私は安野さんの画集ではヨーロッパを旅する「旅の絵本」が大好きです。

新編 算私語録 (朝日文庫)新編 算私語録 (朝日文庫)
(2000/11)
安野 光雅

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/593-60fa5eca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。