FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/495-8463a229

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ラフカディオ・ハーン(中公新書)

松江を愛したラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の生涯や考え方、生き方を知る入門書に加えたい一冊です。同時に、ハーンの日本観を理解する上で欠かせない視点を提示してくれまる。島根県民&島根に興味があるかたはぜひ読んでいただきたい本です。

ハーン

本では、ハーンがイギリス系アイルランド人の父、ギリシア人の母の元に生まれましたが、早くに離婚し、母とも離れて暮らさざるを得ませんでした。その後、アメリカに渡って苦労を重ねて記者や紀行作家として地歩を築いたことや、日本に渡ってから横浜、松江、熊本、神戸、東京で教師や記者、大学教授として過ごした日々のハーンの心象風景を追いながら描いています。

この中で、ハーンは西欧社会への反発を内心に抱え(家族を失った悲しみがベースにある)、東洋というか、異郷へのあこがれから日本を目指すわけですが、そのきっかけとなったのが、英訳された「古事記」だったということを知りました。これで日本への興味をかきたれられた八雲は日本にやってきます。最初は横浜に上陸しますが、その後、松江に教師の職場を見つけ、松江を訪れることになります。

松江で過ごした日々はハーンにとって、その後のハーンが考える「日本」の原型となったことが、よくわかります。出雲地方は、西洋とは違う価値観に基づき、自然とともにあり、神仏と寄り添い、家族や地域の人々が力を合わせて生きる、日本の古き良き文化が残っていたのです。

その後、熊本、神戸、東京と過ごしますが、松江でめとった妻の「セツ」さんを大切にする様子も、島根県人としてうれしく、ほほえましく、そして、誇らしく思います。

ハーンを知る、入門書として非常に優れた本であると同時に、帰化して「小泉八雲」となったハーンが西洋文化、近代文化へのアンチテーゼとして提示した当時の日本が持っていた優れた価値観を知る良書だと感じました。これが、現代にも通じる生き方にも通じるような気もしました。


ラフカディオ・ハーン―異文化体験の果てに (中公新書)ラフカディオ・ハーン―異文化体験の果てに (中公新書)
(1992/01)
牧野 陽子

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/495-8463a229

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。