FC2ブログ

Entries

出雲・湖陵の「なならの滝」

出雲・湖陵町畑村「なならの滝」

ブログなど、ネット上で話題になっていた滝が出雲市湖陵町にあることを知り、出掛けてみました。
以前は人が立ち入りにくい状態だったけど、立派な滝ということがネット上で話題になったのを機に、地元の方々がボランティアで遊歩道や滝見台を整備したそうです。

なならの滝・畑村公民館

県道39号線を出雲市湖陵町から佐田町に向かって車を走らせると、畑村公民館があり、そこに「なならの滝入口」の看板が立っています。


なならの滝・道なりに1kmですなならの滝・分かれ道左へ
そこから車でさらに進むと徐々に道が細くなり不安になりそうですが、途中にも案内看板が道案内をしてくれます。


なならの滝・駐車場看板
公民館から車で2,3分くらいで再び「なならの滝」の看板。ここに普通車2台分くらいの駐車スペースがあります。


ここから先が以前は入れなかったようですが、地区の方々の努力で歩道や橋が整備されています。
写真を撮りながらでも10分くらいで滝までたどり着けます。

なならの滝・沢伝いを行く
沢伝いに歩いて行くと、少しひんやりしてきて空気もいっそう澄んでる感じがしてきます。鳥のさえずりと水の流れる音だけが聞こえてきます。

なならの滝・紅葉
葉が少し色づいてきていました。


なならの滝・一番目橋
ボランティアによって作られた橋。

なならの滝・沢越え
1本目の橋のあとは少し足元が悪くなります。
雨上がりだったので、ぬかるんでいる所もあり、滑りそうでした。

ちっちゃな沢を飛び越えて進むと2本目の橋。こちらも手作りです↓
なならの滝・二番目橋

なならの滝・滝見台
2本目の橋を過ぎるとまもなく滝に到着です。
手前に見える木製ベンチももちろん、地区の方が用意したもの。


なならの滝
駐車場にあった看板によると落差は46m。
前日の雨のせいか、水量多く、しっかりとした滝の流れです。
「なならの滝」の由来は「7折れ」ともいわれているそうで、上流から何段にも折れながら奥行きのある滝の眺めです。




ずっと上の方にかすかにガードレールが見えました。
以前はそのガードレールにロープを固定し、上流から降りてくるのが滝へのルートだったそうで、こうして手軽に安全に滝まで来られるようになったのは、ほんとうに地区の方のおかげですね。

なならの滝・帰り道
帰り道、来た道を車で走っていると、行きの案内看板の裏側に「おつかれさま」の文字。畑村の皆さんの温かさが伝わってきます。


忘れ去られそうになっていた滝が、ネット上で話題になったのをきかっけに、地域の方が立ちあがり、また人が訪れるようになる。滝にまつわるストーリーも素敵です。


大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/47-e46de06f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる