FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/44-6835c16b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

流学日記(岩本悠・著)

岩本悠さんといえば。
知る人ぞ知る、島根県の離島・隠岐諸島の海士町にIターンして、教育プロデューサーとしてまちづくりに関わっている方です!
海士町にある県立隠岐島前高校に「島留学」として県外者から入学者を募り、来年度から1学級増えることになった、という奇跡を起こした原動力の方でもあります。

若者からは「神」を崇められているそうです。確かに、そのカリスマ性、半端じゃありません。
そんな彼の生い立ちや素顔、思考などが伝わってくるのが、岩本さんが20歳の頃に執筆した「流学日記」。
アジアからアフリカ、オセアニアをバックパッカーとして回った体験談が記されています。

流学日記

さすが、マザーテレサの家やアフリカ大使館などなど、アポイントもなく突撃する勇気は、すがすがしいです。
両親とトルコで面会したエピソードでは「この両親の子に生まれてきて良かった」と綴っていて、何だかほろりときました。
「ここまで書くか…」というほど、岩本さんの悩みや葛藤や迷い、苦しみが素直に、まっすぐ、吐露されています。もちろん、喜びや楽しさも!

そのほか、ええ?と驚くような体験談には事欠きません。
なかなかできない経験をして、今に至るのだなあ、と感じます。岩本さんのカリスマ性の秘訣の一端が垣間見えるだけでなく、世界の国々の様子、そして多様性が伝わってくるのも魅力です。
読み終えた後は、世界が広く感じられる気がしました^^

(文芸社・税別880円、2003年)

流学日記流学日記
(2003/10)
岩本 悠

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/44-6835c16b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。