FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/244-082d18de

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

岩伏の冷泉(奥出雲町竹崎)

島根の名水ファイルNo.19
 岩伏の冷泉(奥出雲町竹崎)


奥出雲町竹崎に「岩伏の冷泉」という名水があるという情報をインターネットで見つけていたので現地調査に行きました。そうしたら、斐乃上温泉に入った帰り道に見つけてしまいました、「岩伏の冷泉」です。なんとこの冷泉は、一軒の民家が管理しておられるれっきとした「温泉」だったそうです。そのお宅の方がたまたまおられたので話しを聞きまして、許可を得まして水を飲ませていただきました。名水ファイルもNo.19にまでなりましたが、民家の敷地内というのは初めてです。

この写真をご覧ください。
岩伏の冷泉1
この道は、船通山の登山口に向かう道路で、その脇にある民家の川沿いに立っている小屋です。よーく見てください。小屋の大きさと、基礎の石垣の大きさが合っていませんね。不思議に思って、民家から出てこられたおばあさんに話しを聞きました。なんと、この場所は昔は冷泉を薪で沸かして一般の人が入っていた「温泉施設」だったのです。

「上に斐乃上荘ができるまでは、ぼちぼちお客さんがあったがねえ。あれが出来てからはめっきりお客さんも減って、しばらくしてからやめました。そうそう、石垣の穴が空いているところが焚きつけ口。そこで薪を燃やして沸かとった。うちの冷泉は25度くらいあるからいいが、上の冷泉は17度くらいかねえ。いまでも水はいっぱい出る。たまに水をくれっていう人もありますよ。わしらは、冷泉、と読んでいたが、うちの屋号が岩伏っていうからね」

うおー。これが岩伏の冷泉だったのかあ~~~~!!!。感激です。昔は農閑期には湯治のお客さんで賑わったそうですが、今は冷泉がただ流れるままになっています。少し寂しいですが、お水を守ってくださっていることに感謝です。

さっそく、手でくんでいただきました。うおー!甘い!なんという甘さでしょう。温泉成分は美人の湯の斐乃上温泉と同じだと思われますが、ちょっと上流の民宿たなべさんでいただいたお水がすっきり辛口だったのとはっきり違いが分かりました。お話を聞いたら、やはり泉源は違うとのこと。近くであっても泉源によって水の質が違うのでしょうね。

わたくしはたまたま通りがかりにお宅の方がいらっしゃったので、許可を得ましたが、水がほしい方はお宅の方に了承を得てから汲ませてもらいましょう。

岩伏の冷泉2 岩伏の冷泉3

↓地図は斐乃上荘です。岩伏の冷泉は斐乃上荘の下流300メートルほどのところにあります。

大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/244-082d18de

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。