FC2ブログ

Entries

「幻の漂泊民・サンカ」(沖浦和光著)

「幻の漂泊民・サンカ」(沖浦和光著)

幻の漂泊民・サンカ

江戸時代から昭和初期ごろまで、山中で採集や狩猟をしながら過ごした「サンカ」と呼ばれる人たちがいました。民俗学者の柳田国男も注目して、日本の原住民の生き残りではないかと推測したといいます。サンカについては、さまざまな俗説があって、特に戦前にサンカ小説と呼ばれる三角寛の小説の登場で、盗賊団のような印象を抱かれる結果になりました。

しかし、著者の沖浦氏は、フィクションによって偏った印象をもたれたサンカの真相を探るため、文献や取材を丹念に行いました。その結果は本を読んでほしいのですが、こうしたサンカと呼ばれた人たちは、中国山地にも多く住んでいました。特に明治期になって、戸籍制度を導入する明治政府に対して、浜田県がサンカの戸籍の扱いについて問い合わせた公文書が、「サンカ」の言葉が残るもっとも古い記録なのだそうです。サンカの定住した地域も、出雲、石見、伯耆の3国が接する地域に住んだそうです。

サンカについてはほとんど記録がなく、解明が難しいようです。ただ、山で過ごさざるを得なかった事情があったのでしょう。その人たちを中国山地の山々がそうした人たちを受け止め、生きることができたということがわかります。サンカの人々の厳しい暮らしを想像させると同時に、中国山地の懐の深さを感じさせる一冊です。

「サンカ」とは (wikipedia)
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/21-08fbfd05

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる