FC2ブログ

Entries

驚異の200円弁当

これで200円!?出雲市発 驚異の弁当

見つけてしまいました200円の弁当!

一畑電車が毎月第1土曜日に運行する「楽市楽電」の車内で、ひときわ目立つのが、この弁当でした。炊き込みご飯や混ぜご飯に加えて、鶏の唐揚げや卵焼きなど普通の弁当ですが、値段を聞いてびっくり。なんと200円。思わず一つ購入しました。

私がいただいたのは焼き鳥弁当。焼き鳥が切り刻んで入っている炊き込みご飯に、鶏の唐揚げが3個と、焼き鳥の3きれ。カボチャの煮物に、卵焼き、キュウリの酢の物が入っていました。味付けも悪くないです、はい。すごくうまい、とは言えませんけど、200円という値段を考えると、コストパフォーマンスは、約4・8倍(何が根拠か分かりませんが、そう言いたくなるような弁当です)。

売っていた60代と思われるおじさんに話しかけると、このおじさんが作ったとのこと。出雲市小伊津町の自宅をで大きな炊飯器などを買って、もちろん保健所の許可などもクリアしていると思いますけど、キチンと製品の表示もされていました。

話していると、どうもお弁当を毎日100個くらいつくって出雲市内で販売しているとのことでした。夜中に夜間電力を使ってご飯を炊き、朝までに完成させて売り歩いたそうです。「太陽光発電もつけて、環境に優しい弁当屋だ」とか話している。原価を聞いたら、「100円ちょっと」とのこと。「100売れれば1万円の利益。これが毎日有れば、なんとか生きていける。買ってくれる人に感謝です」なんて話すおじさん。一体、何者?

最初は軽トラックに乗せて、出雲市の県合同庁舎の付近で、売っていたそうですが、ついに、2月から出雲市内で取り扱ってくれる店舗が出来たとのこと。そのお店は、JR出雲市駅の南側(出雲氏塩冶善行町14-9)のホック塩冶店の向かいにある「和(なご)み」(電話090・3631・9318)というお店だそうです。1日60食くらいは置いてあり、昼過ぎには完売すると話していました。地元の野菜などと一緒に、弁当が売られているそうです。

近所の弁当屋さんからは、「営業妨害だ」って言われているそうです。そりゃそうだ、200円でこんな立派な弁当を売られた日には、弁当屋さんも大変ですもんね。

お弁当はバリエーションがいくつかあって、「サバ寿司弁当」「赤字覚悟のカニ弁当(本人談)」「サザエご飯弁当」「赤飯弁当」、山盛りの鶏の唐揚げ、などがあるそうです。

単なる価格破壊、だけではない、何となく応援したくなるおじさんでした。

驚異の200円弁当

驚異の200円弁当

驚異の200円弁当
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/170-75bac79b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる