FC2ブログ

Entries

工芸おかや(出雲市斐川町)

創作家具の工芸おかや(出雲市斐川町直江)

落ち着いた柿の木目の中に、くっきりと黒い不規則なライン。自然が醸し出す風情を感じさせる「黒柿」を中心に扱う日本でも数少ない創作家具のお店です。出西窯などと並んで、もの作りの伝統が残る斐川で、きらりと光るお店です。


店舗の奥の方にあるのが、黒柿を使った家具や小物。何百年もかけて大きくなった柿の木の中で、うろのように何かの異変が起き、黒っぽく筋のように変色する木があるそうです。日本全国でこうした柿の木がみつかると買い付けて、加工をしているとか。店頭でお話を伺っただけですけど、何百本に一本かという希少性だそうです。

もちろんお値段は、小物でも数千円から数万円、位牌を入れる箱や、ちょっとした机などで数十万円というお値段ですが、柿の木の年輪と黒いラインの、自然が作り出した不思議な模様が何とも、心を落ち着かせます。何より、絶妙の配合が、四季がある美しい「日本」を感じさせます。

工芸おかや

お店は古い倉庫のような外観で、お世辞にも「おしゃれ」とはいえないですが、無意味にきれいに見せることにお金をかけているお店よりも、むしろ好感が持てます。

工芸おかや外観

おやかのもう一つのこだわりが、「栗(くり)」の木だそうです。栗は昔は、家の根太(基礎部分)に使われたように、耐水性、耐久性に優れています。今はなかなか、天然の栗の木は少ないようで、値段は結構張りますが、なんとも暖かみのある手触りが特長です。もちろん耐水性に優れているので、食事用のテーブルなどに最適だと思います。栗の淡い色合いを生かしたものや、若干濃いめの色に塗装が施してあるものもあります。

いつかは、クラウン、なんてコピーがあったと思いますが、私的には「いつかはおかやのテーブルでご飯を食べたい!」というのが長年の夢です。ちなみに食事用の4人掛けのテーブルで二十数万円です。

工芸おかや

工芸おかや

↓お店のホームページはこちら
http://okaya.ne.jp/
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/126-9d4ad952

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる