FC2ブログ

Entries

志学薬師鶴の湯(大田市三瓶町志学)

島根の温泉ファイルNo.5
志学薬師鶴の湯(大田市三瓶町志学)


源泉掛け流しの素晴らしいお湯です。思わず長湯して、湯あたりしてしまいました。
志学1

大田市の三瓶山の中腹にある志学地区にある、公衆浴場「鶴の湯」です。昔は志学温泉と呼ばれていたそうですが、建物が比較的新しいので、呼び名を変えたのかも知れません。料金は自動販売機でチケットを買って、箱に入れる方式で、管理人さんは不在でした。

料金は大人300円、子供150円。営業時間は12:00~21:00(4月半ば~10月)、14:00~20:00(11月~4月半ば)です。年中無休です。ロッカーは約20あり、鍵か架かります。更衣室は狭いです。休憩室、トイレはあります。電動マッサージいすもありました。駐車場は建物の前ですが、大きな車は入れるのが難しいかもしれません。

志学2

泉質はナトリウム、カルシウム、ナトリウムなどを含む含土類食塩泉。神経痛・筋肉痛・慢性消化器病・切り傷・やけど・慢性皮膚病・リューマチ・アレルギー疾患・消化器病・婦人病等に効能があるとのことです。お湯は三瓶周辺の黄土色みたいな色です。源泉の温度が36度で、夏場は源泉をそのまま掛け流しにして、ぬるめのお湯にじっくり入ることができると書いてありましたが、冬場は少し湧かして41度くらいになっていました。

志学3

湯船につかると冷えた体に染み渡るような温泉が心地よかったです。2メートル×5メートルほどの湯船は石が使われています。湯船は中心部が深めで座ると頭まで浸かります、周辺部は腰掛けると胸までつかるくらい。半身浴にも半端だし、ゆっくり入れない中途半端さを感じましたが、これもまた好みですから。

お湯は贅沢にどぼどぼと流れていました。一緒に入ったおじいさんが、「全部流してしまって、持って帰りたいくらいだ。もったいない」と話していましたが、まったく、掛け流しって、そういえばもったいないですね。
志学4

志学5
お湯の出る場所は、温泉成分がこびりついて固まっていました。

↓場所はこちらです。

大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shimattane.blog.fc2.com/tb.php/104-7a80147a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しまったね

Author:しまったね
島根県民の 島根県民による 島根県民のためのブログです。2011年10月スタートしました。
島根県民だからこそわかる、島根のいいモノ、いいスポット、いいヒト、いいニュース、発信していきます☆

 

 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

QRコード

QR

タグクラウド

島根な本棚

島根の天気

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる